汗は全て臭うわけではない

暑い日や暑い場所などにいれば誰でも暑くなりますので汗をかきやすくなります。

汗をかいてしまえば女性はメイクが崩れることもありますし、男性は服が濡れて臭ってしまうこともあります。

学校や職場で汗をかけばシミがついて恥ずかしくなりますし、強烈な臭いの汗をかけば嫌われてしまう可能性だってあります。

ですので、誰でもできることなら汗をかきたくないでしょう。

しかし、汗には臭う汗と無臭の汗がありますので、無臭の汗であれば臭いを出すことがありませんので安心です。

臭う汗ですと周りにいる人も嫌な気持ちになりますので何とかしたくなります。

では、臭う汗と無臭の汗の違いとは何でしょうか?

それは、汗が出る汗腺によって違ってきます。

そもそも汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、この2つの汗腺から汗は大量に分泌されます。

でも、汗腺から分泌される汗には違いがあり、エクリン腺から分泌される汗は成分のほとんどが水分ですので臭うことはありません。

一方でアポクリン腺から分泌される汗は臭いを発生させやすい汗です。

このアポクリン腺から分泌される汗にはタンパク質や脂質などが含まれており、それを常在菌がエサとして食べて分解することによって臭いを発生させています。

また、エクリン腺から分泌される汗は主に体温調節のためにある汗ですのでほぼ無臭ですが、主にストレスなどを感じた時に分泌される汗はアポクリン腺になります。

それと、アポクリン腺から分泌される汗はワキガの原因になってしまうこともありますので、デオドラントなどを使用するようにして気を付けておかなければいけません。

汗の種類

汗には強烈な臭いを発生させる悪い汗と体温調節が上手くできて臭わない良い汗があり、悪い汗はベタベタしていて良い汗はサラサラしています。

サラサラ汗は皮膚の上を滑り落ちるように流れますが、ベタベタ汗はその場に留まるかと思うくらいゆっくり流れ落ちていきます。

流れ方に違いがあるのはベタベタしていたりサラサラしていたりするからですが、ではどうして同じ汗なのに違いがあるのでしょうか?

それは、汗に含まれる成分や質などが違うからです。

サラサラ汗にはほとんど成分が含まれていませんし約90%が水分になっています。

一方でベタベタ汗には水分と塩分の他にタンパク質や脂質などが含まれています。

また、サラサラ汗は健康的な生活を送っているときに分泌される上質な汗と言えますが、ベタベタ汗は不摂生や運動不足などの生活習慣の乱れを起こしているときに分泌される質の悪い汗と言えます。

このようなことからも分かるようにベタベタ汗は臭いの原因になりますし生活が乱れているときに分泌される汗ですので生活の質を改善したり運動などを続けたりして改善していきましょう。

体の中から臭いケア

ベタベタで臭いの元となる汗は体に纏わりつくような感じで残りますので気持ち悪くなります。

それに、ワキガのような強烈な臭いを発生させることもありますので不安になってしまうこともあるでしょう。

そんな嫌なベタベタ汗は蒸発しにくいですし、服に染み付いていつまでも臭ってしまうから何とかしたいものです。

では、ベタベタ汗をかかないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、体の毒を排出して健康的な汗を出すようにすることです。

そもそも汗は血液中にある血漿を汗腺が取り込んで不必要なものは血管に再吸収させます。

そこで再吸収が問題なく行われていれば良いのですが、正常に行われないと余分な成分を含んでしまいます。

この汗がベタベタ汗になってしまうのですが、そこに老廃物などが加わることによって質の悪い汗になってしまいます。

その老廃物などの毒素を排出することでサラサラで健康的な汗を出すことができます。

そこで気になることはどのような方法で体の毒を排出すれば良いのかということです。

その方法は運動や入浴などです。運動は激しいものではなくゆっくりした運動をし、少しずつ体温を上昇させて大量の汗をかくようにします。

特に良いとされているのが水分補給を行いながらのウォーキングやヨガです。

この2つの運動は心拍数を上げ過ぎずに少しずつ汗を排出させることができますので休んでいた汗腺を起こして機能させることができます。

入浴では半身浴で体の内側からしっかり温め、汗腺を刺激したり鍛えたりすることができます。

この他には汗がサラサラになりやすい食べ物を食べることです。

その食べ物はショウガや緑黄色野菜、大豆製品やポリフェノールを多く含んだリンゴやブルーベリーなどです。

サウナで汗をかくと臭い対策になる?

サウナは体臭予防になるとされています。

サウナに入ることによって汗腺から大量に汗を排出することができ、その時に臭いの元となる老廃物も排出させることができるからです。

注意してほしい事はサウナに入る前に水分を補給することとしっかり体を洗っておくことです。

洗っておくと皮脂の詰まりがなくなって汗が排出されやすくなりますし、水分補給することでサラサラの汗を出すことができるからです。

時間は10分くらいがベストですので1回に長時間入るのは危険ですのでやめてください。