足の臭いと水虫の関係

体か発生する臭いは色々ありますが、どの臭いも周りにいる人を不快にさせてしまいますし、嫌われてしまうことだってあります。

それに、臭いが原因となって仕事がうまく進まなくなり、出世に影響してしまうこともあります。

そんな厄介で嫌な臭いの一つに足の臭いがあり、男性だけではなく女性でもあり得ますし子供でも臭いを発生させることもあります。

また、足の臭いは強烈な臭いを発生させてしまいますので自分も嫌な気分になりますし、水虫になる可能性がありますので気を付けておかなければいけません。

足の臭いがある人は必ず水虫になるわけではありませんが、足が臭いということは水虫菌である白癬菌が繁殖しやすい環境になりますので、水虫になってしまう人もいるのです。

足には汗腺がたくさんありますので汗をかきやすいですし、ほぼ毎日靴や靴下を履いて蒸れる環境を作っています。

ですので、高温多湿の環境が好きな白癬菌は繁殖しやすくなりますので、足が臭い人は臭いが発生し始めたら水虫を疑ったほうが良いでしょう。

それと、足の裏は新陳代謝がゆっくりなので角質が剥がれ落ちるのが遅くなり、その時に白癬菌などが角質のタンパク質や皮脂をエサにしてしまいます。

そうなると白癬菌はどんどん増殖していき、更に強烈な臭いを発生させることもあります。

足にかく汗自体には臭いがありませんので汗をかいていても臭いに気づくことはほとんどありませんが、白癬菌がいれば臭いが発生しますので、少しでも臭いと感じたら早めに対応するようにしましょう。

水虫は危険性!

水虫はカビの一種である白癬菌が皮膚の角質に感染することによって起こり、臭いだけではなく痒みやジュクジュクした湿疹などを生じさせます

この水虫はそれほど気にする人もいませんが、放っておくと危険なことになってしまいます。

水虫の危険性はジュクジュクした部分から細菌が侵入しえ足が壊疽することもあります。

最悪の場合は菌が全身に回って命を落とすこともあるのです。

それに、侵入した菌が原因となって足を切断しなければならないこともありますし、菌が?殖して悪化し、それを放置して化膿させてしまうと足がパンパンに腫れあがってリンパ管炎を起こすこともあります。

そのリンパ管炎は最悪の場合は歩けなくなりますので注意が必要です。

たかが水虫と思って放置しておくと取り返しのつかないことになる可能性がありますので、痒みや臭い、ジュクジュクすることがあれば、すぐに対応して改善するようにしてください。

足は綺麗に保つ

水虫で悩んでいる人は早く改善したいですし、水虫になっていない人は予防したいでしょう。

どちらの人にも言えることは足を清潔に保つということです。

足が不潔ですと水虫の原因となる白癬菌が繁殖していまいます。

ですので、足を清潔に保つのは予防や改善に必要なことと言えるでしょう。

そして、足を清潔に保つ方法は毎日しっかり洗う事は勿論のこと、汗をかいたらこまめに拭き取ることや蒸れない靴下を履くこと、毎日違う靴を履くことや制汗剤を使用することなどです。

洗う時に気を付けてほしいのが強く擦ったり洗いすぎないことです。

強く擦ると皮膚が傷ついて白癬菌の影響を受けやすくなりますし、ゴシゴシ洗いすぎるのは白癬菌を刺激して逆効果になる可能性もあるからです。

汗拭きシートを持ち歩けば外出先で拭き取ることができますし、通気性が良くて蒸れない靴下を履けば汗をかきにくくなります

通気性が良い靴下が無いからと言って素足で靴を履くのは絶対にやめてください。

菌が繁殖しやすくなりますし、皮膚から菌が侵入しやすくなるからです。

こうしたことを参考にして足を清潔に保っていきましょう。