アルコールを過剰摂取すると体臭が悪化する?

煙草による体臭の悪化は知られていますが、アルコールをよく飲む人はどうなのでしょうか。

お酒を飲んだあるいは飲まないというのは酒気帯び運転などの検知器で調べなくても、酒臭さでわかります。

それほどアルコールというのは人の嗅覚を刺激してしまうのです。

脇の臭いが気にならないという人でもお酒の臭いがわからないという人は少ないはずです。

それほどアルコールというのは臭いを出していると考えていいのです。
ですから、お酒を飲むということは臭いの元を飲んでいるという自覚が必要かもしれません。

さらに、アルコールは体臭を増強し、さらにはアルコール臭と混ざり合うことで他人にとっては、アルコール特有の不快な臭いを醸し出してしまうのです。

まず、その原因の一つとしてあげられるのが、アルコールによる発汗の促進です。
アルコールは皮膚の血管を拡張したり、さらには体温調節中枢に働きかけます。

そうすることで、直接汗腺活動を高めることがわかっているのです。そのことによって発汗量が急激に増してしまいます。

急激な発汗は通常起こる、温熱性の発汗に比べて臭いの元となる成分がたくさん入っているのです。

そして、悪いことにアルコールにはたくさんのカロリーが含まれています。
これが体内で酸化されることで大量の熱を発生させます。

それが体温の上昇を招いて、より一層の発汗をうながしてしまうのです。

アルコールを飲むとこのような悪循環で体臭を悪化させてしまいます。
その上、アルコールが代謝されると、体内ではアセトアルデヒドや酢酸という臭いの強い物質が生成されます。

これらの大部分は尿として体外に排出されるのですが、一部は汗腺や吸気からも排出されます。

それによって二日酔いの独特な体臭が作られるのです。
以上のようにアルコール自体がニオイ物質である上にさらに発汗作用を助長してしまうので、さらに代謝されて体臭がきつくなってしまうのです。

少しの量ならば臭わない?

それでは、アルコールを飲みすぎずに適量だったら大丈夫なのかということですが、少しでもアルコールを飲んでしまったら、それはニオイ成分となってしまいます。

さらに体質にもよるのですが少量のアルコールでも泥酔してしまう人がいますから、適量がそれ自体意味をなさないと考えていいでしょう。

適量ならば臭わないというのではなく、お酒を飲むと必ず体臭がきつくなるということもしっかりと認識しておく必要があります。

また、酔うにしても個人差があるので、アルコールの強い人は体臭が出にくいと考える人も少なくないようです。

それはまったくの間違いであり、体内に入るアルコールが多ければ多くなるほど体臭もきつくなると考えたほうがいいです。

飲酒後の臭い対策

ウコン

お酒を飲むと体臭がきつくなるのは分かったと思います。

それでは、体臭予防についてはどのような方法があるのでしょうか。

ひとつはお酒を飲む量を控えることですが、つきあいもあるのでお酒の席ではなかなか断ることができそうもありません。

そうなると、二日酔いを避ける対策をとることを考えましょう。
二日酔いはアルコールの分解が不十分なために起こるとされています。

アルコールがしっかりと分解されていないと、ニオイの成分が体内に残ったままとなってしまうのです。

そうなると口臭がきつくなりますし、汗などからも臭いニオイが出てしまうことになります。

そうならないようにお酒を飲んだ翌日には体臭予防をしっかりとすることが大切になります。

そのためにも肝臓の働きを良くすることが大切です。

ウコンに含まれるクルミンという成分が二日酔いに効果があるとされています。サプリメントなども用意されているので、服用すると効果が期待できます。

また、柿も体臭予防に効果があるとされていますから、試してみるといいでしょう。